足のむくみが酷くなってきた時に考えられる病気

黒ずみ 病気
脇が黒ずんで困る場合、もっとも確実な対処法は皮膚科に行って治してもらう方法です。

脇の黒ずみくらいでいちいち皮膚科に行くのもちょっと、と思われるかもしれませんが、かさぶたのような状態になっている黒ずみは、家庭ではどうすることも出来ないので、脇がまっ黒になっていたり、かさぶたのような黒ずみが出来ていた場合、おとなしく皮膚科に行くといいでしょう。

皮膚科に行くと、黒ずみの度合いに応じてレーザー治療をされることがあります。これは黒ずみを取る最終手段のようなもので、レーザーで黒ずみの原因であるメラニンを潰すことで、脇を奇麗にすることができます。

このレーザー治療を行うと、効率的に黒ずみを退治することができるので、早く黒ずみをなんとかしたい人は、レーザー治療を受けるといいでしょう。

そこまでひどい黒ずみではない場合、塗り薬を渡されることがありますが、この塗り薬もそれなりに効きますので、塗り薬を渡されたら、それを地道に塗っていきましょう。

このように、黒ずみが気になるなら、皮膚科に行って治してもらうのが一番ですが、どうしても病院に行きたくないなら、家庭でなんとかするしかありません。

その場合、やるべきことはいい加減な無駄毛処理をしないことと、脇の保温をすることのふたつです。特にいい加減な無駄毛処理をしないことは大切です。

たいていの黒ずみは、無駄毛処理の失敗から生まれるので、これ以上脇を黒くしたくないなら、きっちりクリームを使って少しずつ慎重に剃っていくなど、丁寧に無駄毛処理をするようにしましょう。そうすれば、脇の黒ずみが悪化することを、食い止めることができるでしょう。

ですがこれだけでは、脇の黒ずみを食い止めることが出来ても、脇を白くすることは出来ません。

そこで大切なのが、脇の保温と美白です。肌が乾燥していると、脇が服などとこすれたりして、黒ずみが生まれるので、それを避けるために出来るだけ脇を保温しておきましょう。そうして、これ以上の脇の黒ずみを防いだら、次にやることは美白力がある化粧品を使うことです。

この手の化粧品は美白効果があるので、根気よく使っていけば、そのうち肌の黒ずみを白くすることができます。
ですので、肌の黒ずみに困っているなら、美白系の化粧品をどんどん使っていきましょう。

これらのことをまとめると、最大の黒ずみ対策は、皮膚科でレーザー治療を受けることです。

これをやれば即座に黒ずみを取ることができますが、費用がかかるなどの欠点がありますので、出来るだけお金をかけずに黒ずみをなんとかしたい人は、根気よく脇の保温と美白を進めていくといいでしょう。