メスで身体を傷つけずに脂肪を減らせるキャビテーションの効果

キャビテーションの効果
食事制限をしても、運動を頑張ってもなかなか脂肪が減らない部位があります。体重は減っているのに太腿の内側や二の腕、お尻やお腹ばかりが太いままで、アンバランスな体型になってしまったというかたも少なくありません。

そうした場合、エステに行って部分的な痩身施術を受けて対策を行っているかたも多く見られますが、昨今、身体に傷をつけずにしつこいセルライトも柔らかくして減らすことができると評判になっているのがキャビテーションです。

キャビテーションというのは、液体に振動を与えることによって気泡が生じてくる現象です。エステでは超音波を発生する器具を直接肌に当て、脂肪細胞を1秒間に3万回を超えるスピードで震わせていきます。

これにより細胞内部に気泡が発生し、ある程度この気泡が大きくなったところで弾けることで、その衝撃の影響で周囲の細胞が破壊されていくのです。結果、脂肪の塊は溶けて乳化することで柔らかくなります。

固まって身体の表面までぼこぼことしてしまうようなセルライトも乳化によって落としやすい状態に変化し、痩身に繋がっていくという仕組みです。

メスを使って脂肪を吸引しなくても効果が表れる手軽さから、キャビテーションによる痩身エステを受けるかたが増えてきています。

エステ店によってプラン内容は異なりますが、一般的には最初にキャビテーションを行い、その後柔らかく変化した脂肪の排出を促すためのリンパマッサージなどがセットになっており、1回2時間程度かけてじっくり施術を行うお店も少なくありません。

キャビテーションを使った施術自体は20分弱で済むところがほとんどですが、ただ脂肪を柔らかくしただけで痩せるわけではないため、その効果を最大限に活かすために脂肪燃焼率をアップさせることが大切なのです。

施術の後のマッサージや、日頃の生活で有酸素運動を心がけるなどセルフケアを行っていくことで、週に1回程度の割合でキャビテーションを行い、平均5回程度続けることで体型の変化を実感してきたというかたが多く見られます。

10代20代の若者必見!気づかぬ内に脇やデリケートゾーンが黒ずみになる理由が知りたい!

デリケートゾーン 黒ずみ
別に特別なことをしているわけでもないのに、気づかぬ内に黒ずみができてしまう人はいるでしょう。そうなるとほとほと困りますよね。

そんなみなさんの黒ずみの悩みに応えます。なんと黒ずみの原因はあなたの”とある行動のせい”なのです。このような行動に思い当たればすぐに解消することをオススメします。

若くして黒ずみに悩む人はあなたが想像しているよりもずっと多いです。それは黒ずみができることにはある原因があるからです。

その一つがダメージ。実はカミソリや毛抜きなどで脇やデリケートゾーンを何度も処理するとそこにダメージが生まれます。

何度も処理する脇はそのせいで摩擦や刺激を受けてダメージが積み重なり、そして次第に黒ずんでしまうのです。肌のダメージが重なることで黒ずみができるのですね。

脇は頻繁にムダ毛の処理をしてしまうことが多く、このせいで黒ずみができる可能性が高いですね。そしてデリケートゾーンはたまにの処理でも刺激に弱く肌ダメージが起きやすい部分なので、処理の頻度が少なくてもダメージが積み重なって黒ずみができることがあります。

このような経緯で、脇やデリケートゾーンは知らぬ内に黒ずみになっているのです。気づかぬ内にあなたは黒ずみの原因を作っているのですね。

「まだ若いのになんでこんな黒ずみが…」と落ち込む人は多いですが、原因が原因なのでむしろ若い人ほど黒ずみになりやすいのです。脇毛やデリケートゾーンを見られてしまうようなシチュエーションが多いのは若い人です。

露出の多い服を着たり、みんなで海やプールなどに遊びに行って肌を露出することが多いですからね。そのせいでムダ毛の処理をする機会が増えて、肌に黒ずみができます。ですからなるべくムダ毛の処理の頻度を減らすように気をつけましょう。

また黒ずみの原因は他にもあります。それは「下着による圧迫」と「体を洗うときの刺激」です。黒ずみは下着や服で圧迫してしまうとできやすいです。

特に小さい下着を好んで着ることが多い若者はその下着の圧迫のせいで、肌が擦れて黒ずみができるのです。これこそ知らぬ内に黒ずみができてしまったいい例ですね。下着の擦れのせいで黒ずみができることもありますので、そちらも気にしましょう。

それから黒ずみはお風呂で体をゴシゴシ洗いすぎるのも原因でできます。黒ずみは摩擦でできることがあって、体をゴシゴシと必要以上に洗いすぎると、そこが擦れて黒ずみになるのです。

肌をキレイにしようと思って洗いすぎる行為は黒ずみを招く危険性があります。なるべく優しく肌を洗うことを心がけましょう。

特に脇やデリケートゾーンなど肌が弱い部分を洗う時は気をつけるようにしましょうね。

黒ずみの原因とは?→https://kubiibobuster.net/kurozumi/

子供に笑われた脇が今じゃツルスベ!

ピューレパールの効果
昔から脇毛の処理といえばピンセットで抜いたり、カミソリで剃ったりするのが当たり前でした。

そんな当たり前のようにしてきた脇毛処理のせいで、気付けば脇は毛穴が開き、黒いブツブツがいっぱい。

誰かに見せれるような脇ではなく、夏はなるべく脇の見えない服を着て、水着の時もラッシュガードで隠し続けてきました。

手を上げるのも恥ずかしく、いつも中途半端に上げ、脇を見せないようにしていました。

そんなある時のこと。息子が3歳ぐらいの時に私の脇を見て、一言いったんです。ニコニコと笑いながら息子が「ママの脇、アリさんがいっぱーい!!」と。

もちろん息子には悪気はまったくありません。見たものを率直に言っただけなんだと思います。けど私はその一言が凄くショックでした。笑って誤魔化しましたが、心は泣いていました。

それを期に、私はどうにかするべく脇の黒ずみやポツポツに効く商品を手当り次第にためしました。ピーリングだったり、重曹だったり、ネットで調べた黒ずみに効く石鹸なども試しました。

がしかし、それといって効果がでるものはなく、むしろ肌がピリピリしたり、赤くなってしまったりして合わない物が多く、半分諦めかけていました。

けど、そんな時に友人から勧められたのが「ピューレパール」でした。どうせ他の商品みたいに効果は薄いんだろなぁ~と思いながら、試しに注文。

注文して届くまではそんなにかかりませんでした。届いてからさっそく使い始め、一週間ほどしてもとくに変化はなく、これもダメかな~と思っていました。

けど、もったいないのでとりあえずあるだけ使おう!と思い、肌がピリピリしたりする事もなかったので、しばらく使い続けました。

すると、使い続けて二週間ぐらいした時に変化が!黒ずみが薄くなってるような、プツプツも目立たなくなっているような、、そんな気がしたんです。

もしかしたら、、これは効果があるかも!と期待をしながら毎日ピューレパールを使い続けました。

そしてピューレパールを使い始めてから一ヶ月後。見るからに効果がでたんです!黒ずみもほとんど消え、毛穴も目立たなくなっていました!

そして、息子に脇を見せ、ママの脇まだアリさんいる?と聞いてみると、「ママのアリさんいなくなっちゃったね!」と言ってくれたんです!まさかこんなに効果が出てくれるとは思いませんでした!

毛穴も目立たなくなり、黒ずみも消えて、夏になって薄着になっても脇を隠すことはしなくなりました。

手も普通に上げれるようになり、脇を見られても恥ずかしいと思うこともなくなりました。

これもあの時、友人に勧められ「ピューレパール」と出会い、何気なく使い続けたからだと思います。

あの時効果がないかも、と諦めずに良かった。ピューレパールのおかげで少し人生が変わったかも。と思いました。

息子にアリさんと言われた脇も、今じゃ毛穴黒ずみ知らずのツルスベになり、大満足です。

ピューレパールを試して本当に良かったと思います。

黒ずみに効果のあるピューレパール詳細→https://kubiibobuster.net/kurozumi/

足のむくみが酷くなってきた時に考えられる病気

黒ずみ 病気
脇が黒ずんで困る場合、もっとも確実な対処法は皮膚科に行って治してもらう方法です。

脇の黒ずみくらいでいちいち皮膚科に行くのもちょっと、と思われるかもしれませんが、かさぶたのような状態になっている黒ずみは、家庭ではどうすることも出来ないので、脇がまっ黒になっていたり、かさぶたのような黒ずみが出来ていた場合、おとなしく皮膚科に行くといいでしょう。

皮膚科に行くと、黒ずみの度合いに応じてレーザー治療をされることがあります。これは黒ずみを取る最終手段のようなもので、レーザーで黒ずみの原因であるメラニンを潰すことで、脇を奇麗にすることができます。

このレーザー治療を行うと、効率的に黒ずみを退治することができるので、早く黒ずみをなんとかしたい人は、レーザー治療を受けるといいでしょう。

そこまでひどい黒ずみではない場合、塗り薬を渡されることがありますが、この塗り薬もそれなりに効きますので、塗り薬を渡されたら、それを地道に塗っていきましょう。

このように、黒ずみが気になるなら、皮膚科に行って治してもらうのが一番ですが、どうしても病院に行きたくないなら、家庭でなんとかするしかありません。

その場合、やるべきことはいい加減な無駄毛処理をしないことと、脇の保温をすることのふたつです。特にいい加減な無駄毛処理をしないことは大切です。

たいていの黒ずみは、無駄毛処理の失敗から生まれるので、これ以上脇を黒くしたくないなら、きっちりクリームを使って少しずつ慎重に剃っていくなど、丁寧に無駄毛処理をするようにしましょう。そうすれば、脇の黒ずみが悪化することを、食い止めることができるでしょう。

ですがこれだけでは、脇の黒ずみを食い止めることが出来ても、脇を白くすることは出来ません。

そこで大切なのが、脇の保温と美白です。肌が乾燥していると、脇が服などとこすれたりして、黒ずみが生まれるので、それを避けるために出来るだけ脇を保温しておきましょう。そうして、これ以上の脇の黒ずみを防いだら、次にやることは美白力がある化粧品を使うことです。

この手の化粧品は美白効果があるので、根気よく使っていけば、そのうち肌の黒ずみを白くすることができます。
ですので、肌の黒ずみに困っているなら、美白系の化粧品をどんどん使っていきましょう。

これらのことをまとめると、最大の黒ずみ対策は、皮膚科でレーザー治療を受けることです。

これをやれば即座に黒ずみを取ることができますが、費用がかかるなどの欠点がありますので、出来るだけお金をかけずに黒ずみをなんとかしたい人は、根気よく脇の保温と美白を進めていくといいでしょう。