青汁が妊娠中の女性にお勧めな理由と注意点

青汁は妊娠中に飲んでも大丈夫?

青汁には明日葉、大麦若葉、ケールといった野菜が原料に使用されていて、栄養価が高く手軽に飲むことが出来ることから食欲が落ちている妊婦にとって関心が高いドリンクということが出来ます。

ですが妊娠中というのは胎児への影響も考慮する必要があり、妊婦が青汁を飲んでも問題はないのかと不安に思う人も多いでしょう。

基本的に妊娠中に青汁を摂取しても大丈夫と言うことが出来ます。青汁には胎児の発育に必要なビタミン類、カルシウムや鉄分をはじめとしたミネラル、食物繊維が豊富に含まれているので、つわりの時期の栄養素補給にお勧めの商品ということが出来ます。

青汁に含まれる葉酸の含有量は

葉酸とはビタミンB群の一種で特に妊娠初期に必要な栄養素と言われています。

そんな葉酸が青汁にも含まれている商品が多いと言えますが、全ての青汁に葉酸が含まれている訳ではありませんし、原料によって葉酸の含有量はかなり異なります。

また妊娠中の女性をターゲットにした青汁には葉酸が従来製品の2倍量含まれているモノもあります。だから青汁を選ぶ際には配合成分や葉酸の含有量を確認して妊娠中に飲むのなら葉酸が沢山含まれている青汁を選ぶことをお勧めします。

葉酸は妊活中に摂取することで貧血の症状の改善、着床率が高まり妊娠する可能性が高くなります。

また葉酸は造血作用があり、その他にも胎児の成長にも不可欠な成分です。さらに不足すると先天性の障害を持つリスクが高くなります。

また出産後の体の回復を促進したり、抜け毛の予防、母乳の出をよくするなどの効果が期待できるので妊活中から授乳時期まで長期的に青汁を飲むことをお勧めします。

妊娠中に青汁を摂取する場合の注意点

妊娠中の女性が青汁を飲む時に注意して欲しいのはカフェインが配合されていない商品を選ぶことです。

青汁の中には味を飲みやすくする為に緑茶や抹茶を原料に加えている商品があります。

また緑茶にはカテキンといったポリフェノールの一種が含まれていて美容にも健康にもいい成分なのですが、妊娠中はカフェインが含まれている青汁は飲まない方が無難と言えます。

その他にも妊娠中の女性は赤ん坊のことを考えて安全性の高い商品を選ぶ必要があります。だから国産原材料を使っていて、国内のGMP認定工場で作られた青汁を選ぶようにして下さい。

また無添加の商品や農薬などの薬品が使用されていない青汁なら安心して飲むことが出来ます。

フルーツ青汁人気ランキング