足のむくみの原因は?対処法をお教えします!

むくみ対処法
足のむくみで悩む方は多いのではないでしょうか?

一日中歩きっぱなしや立ちっぱなし、座ったままの同じ姿勢でいたりすると足がパンパンになって、ブーツのファスナーが閉まらなくなったり。時には、指で押した跡が残るほどになる事も。

では、そのむくみとは一体何なのでしょうか?血液は、動脈を通して水分や栄養分を細胞へ送る役割をしており、細胞内で不要になった水分がリンパ菅や静脈を通して体内を循環するようになっています。しかし、リンパ管などで不要な水分が滞り、溜まってしまう事によってむくみは起きています。

これらが起こる原因として考えられるのが、姿勢からくるものと、病気が原因の場合です。

姿勢からくるものですと、長時間立ち仕事や座ったままなど、同じ姿勢を続ける事で血流の流れが悪くなり、水分が溜まってしまう事が原因となってきます。

また冷え性や運動不足も原因の一つ。体を動かす事で筋肉が動き、血液の循環がうまくいくのですが、運動不足になったり、足の筋肉が衰えてくると血の流れも滞ってしまい、水分が溜まりやすくなってしまうのです。

そして、塩分の摂りすぎも、水分を溜めやすくする原因となりますので、薄味を心がけるようにしましょう。

では、病気の場合はどのような事が考えられるのでしょうか?肝臓、腎臓に何らかの支障がある場合にもむくみは出てきます。

肝臓は血管内の水分を保つ成分を作り出すのですが、肝臓が弱っていると生成する事ができずに、水を溜め込んでしまいます。また、腎臓が弱っていると尿を排出できなくなり、むくみの原因となります。

他には、糖尿の初期症状や甲状腺異常など、様々な原因も考えられますので、慢性的なむくみや痛みを伴う場合は、迷わずかかりつけの医師に相談しましょう。

では、むくみが出た場合、どのような解消法があるのでしょうか?まずはむくみの原因を知る事です。そして病気の疑いがなく、生活習慣が原因の場合は自分で改善する事が可能です。

立ち仕事や座り仕事が多い方は、まめに立って軽いストレッチをしたり、ふくらはぎを軽くマッサージするようにしてみましょう。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、体内の血液を循環させるために大きな役割を担っています。このふくらはぎを意識的に動かす事で、むくみ防止の効果が期待できます。

また、食べ物を見直しましょう。塩分の多い食事は、水分を溜め込みやすくしてしまいます。帰宅後は、お風呂でのリラックスタイムに足のマッサージをしたりする事も効果的です。

むくみ解消には、少しでも毎日の積み重ねで効果を実感する事ができますので、続ける事が大切ですね。